2019/08/28 23:45

9月の出展者発表になりました

🥁(心の中でドラムロールが鳴り響く)

そして、遠目でまず見る👀

Offrirの形があるかな…みたいな

😬さーっと見て


まず鬼子母神…?無いなぁ

大鳥…

😌ありました(ほっとする)😊😅🈴


毎月恒例の出展者発表は

❤︎心臓に悪い😓でしょう


大鳥神社⛩でお待ちしています


さてツイッターをご覧の方はお読みになってらっしゃるとは思いますが、事務局より気になると記事が載っていましたのでリンク貼っておきます。


手創り市ブログ記事

「I'm sorry, I can't make it cheaper.」


この問題に限らず、マイブース内での出来事は自身でまかなうのが暗黙の了解でこれまで対応してきました。かといって事務局に相談もできるスタンスはあると思ってるし、なによりも同出展者さんとの助け合いや来場者の方との交流が、問題を問題ともならなかったり、良い方向に向かって行く事は本当に多いです。

むしろ単独を意識しすぎると場の空気が悪くなる事もあるような気がします。

値引き交渉に限っては、手創り市ではさほど目立ちませんが、個々によって委ねられてるとはいえ、大抵のクラフトイベントでは好まれないというのも皆さん暗黙の了解のようですが、いろいろな考えがあっていいのでしょうね。

Offrirでもその辺は考えますけどかなり緩い時もあります。例えば小さなお子さんが、可愛らしい、真新しいご自身の財布から👛出して栞やアクセサリーを求めてくださる時があります。

ご自身から求められるその姿に感動せざるを得ません。🥺思わずウルウルしてしまいます😊

そんな時はそっと値引きさせていただきます。

子供には甘いのです🤣

そんな感じです。ゆるい。それでいい時もあると思っています。

ただ安くしてほしいという方はそのものを大切にしてくれるからしら。と思うこともあります。

ゆっくり話してみるといろいろわかる時もあるので時間があればお話ししながら決めています。

いろいろな考えがあっていいと思いますし、答えはないとおもいますが、おまけをつけたり、工夫も楽しめるのがクラフトイベントだと思います。

値引き交渉に対してはある種のコミュニケーションだということもこの数年でなんかわかるような気もしてきました。毛嫌いするというより、工夫を楽しみたいです。クラフトイベントでは歓迎されませんが、値引き交渉も案外テクニックいるし、愉快なものもありますよね。


では、9月の手創り市でお待ちしております!